会社のデジタル化に向けて活用可能な補助金・助成金等の最新版をまとめています。
募集期間が短いものもありますのでお早めにお進めください。

事業名           概要補助上限補助率
IT導入補助金 通常枠自社の強み・弱みを認識、分析し、生産性向上のためプロセスの改善と効率化に資する方策として、あらかじめ事務局に登録されたITツールを導入する補助事業者に対し、当該ITツールの導入費用の一部を補助450万円1/2以内
IT導入補助金 デジタル化基盤導入枠インボイス対応も見据えた企業間取引のデジタル化推進のため、導入する会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの経費の一部を補助350万円2/3ほか
IT導入補助金 セキュリティ対策推進枠セキュリティ対策を強化する方策として、あらかじめ事務局に登録されたITツールを導入する補助事業者に対し、当該ITツールの導入費用の一部を補助100万円1/2以内
スマート農業の全国展開に向けた導入支援事業国産農林水産物の需要増加への対応等を進めるため、生産性向上に資するスマート農業技術の全国展開に向けて、農業支援サービス事業体が行う技術導入や、農業者等が行うスマート機械等の共同購入・共同利用、営農条件に合せた機械のカスタマイズなどの取組を支援。1,500万円2/3以内
中小企業デジタルツール導入促進支援事業
※東京都
都内中小企業における事業活動のデジタル化を一層促進し、継続的な成長・発展を支援する事業。
新たに導入するデジタルツール(ソフトウェア、クラウドサービス)に係る購入費等が助成対象経費となります。
100万円1/2以内(小規模企業者は3分の2以内)
生産性向上のためのデジタル技術活用推進事業
※東京都
デジタル技術の活用による生産性の向上を図ることにより賃金の引き上げ計画を策定し、実施した企業への支援施策。
「専任アドバイザーによるトータル支援」を受けた都内中小企業者等を対象にデジタル技術の導入・活用に必要な費用の一部が助成されます。
300万円1/2以内(小規模企業者は3分の2以内)
躍進的な事業推進のための設備投資支援事業
※東京都
IoT、AI、ロボット等のデジタル技術の活用により、新しい製品・サービスの構築や既存ビジネスの変革を目指した事業展開に必要となる機械設備を新たに導入する事業者に対する助成金。機械装置、器具備品、ソフトウェアの新たな導入、搬入・据付等に要する経費が対象となります。1億円2/3以内
クラウドファンディングを活用した支援事業
※東京都
クラウドファンディング(以下「CF」という。)を活用した事業者に対してCF事業者に支払う手数料を一部助成。都内で事業を行い、次に該当する中小企業者(デジタル技術を活用した新製品・新サービスの創出に挑戦する者)が対象となります。50万円2/3以内
アドバイザーを活用した観光事業者支援事業
※東京都
都内で宿泊業、飲食業、小売業、旅行業、観光バス業などを営む観光事業者に対して、アドバイザーなどの専門家の助言を受けて行う経営の改善や新しい事業の展開に向けた取組を支援。DX化促進費として、システム構築・開発費等、ソフトウェア導入費等が補助対象経費となります。
※アドバイザーなど外部の専門家から助言を受けて行う経営の改善や新しい事業の展開に関する取組が必須となります。
200万円2/3以内
小規模事業者持続化補助金小規模事業者が直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃金引上げ、インボイス導入等)等に対応するため、経営計画を作成し、それらに基づいて行う販路開拓の取組み等の経費の一部を補助50〜200万円2/3ほか
事業再構築補助金コロナ禍で売上が減少する中小企業等の思い切った事業再構築を支援する制度。新分野転換や業態転換、事業・業種転換、事業再編などに取り組む事業者が対象。申請枠により異なる
参考:通常枠最大8,000万円
最大3/4
ものづくり補助金中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための施策。デジタル枠として DX(デジタルトランスフォーメーション)に資する革新的な製品・サービス開発又はデジタル技術を活用した生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上に必要な設備・システム投資等を支援。1,250万円2/3以内