中でも今後注目したい制度はこちら

(1)標準的な取組を行うフリーランス等向け(活動継続・技能向上等支援A-①)
・ 簡易な手続き・審査により、活動費を支援(20万円程度)
・ プロのフリーランスの実演家・技術スタッフ等の以下の取組などを支援
練習のための稽古場の確保、技能向上のための研修資料等の購入、調査・制作準備 等

(2)より積極的な取組を行うフリーランス等向け(活動継続・技能向上等支援A-②)
・(1)の取組に加え、動画収録・配信による活動の発信等、発展的取組を追加して行うことで150万円まで応募可能

(3)小規模団体向け(活動継続・技能向上等支援B)
・ 活動費を支援
(150万円まで。複数のフリーランス等が連携して取り組む共同事業も応募可能<1,500万円まで【10者の場合】>)
・ 小規模団体の以下の取組などを支援
コロナ感染症対応の新たな公演・制作の企画 等(動画等による公演等の収録・配信、広報コンテンツの作成、
感染症防止に対応した集団練習の実施等)

(4)中・大規模団体向け(収益力強化事業) ※ 小規模団体も応募可。
・ 150~2,500万円程度の事業を支援
・ 中・大規模団体の以下の取組などを支援
コロナ後を見据えた新たな市場開拓・事業構造改革の取組 等(動画等の取組の他、舞台裏ツアー・役者との交流などの
体験コンテンツ(VRの活用を含む)の開発、教育用独自演目の開発(これらの取組に係る準備を含む)等)
https://www.mext.go.jp/content/20200527-mxt_kaikesou01-100014477-000-2.pdf