ものづくり補助金とは

・ものづくり補助金とは、中小企業・個人事業(歯科クリニックは対象)の生産性向上や革新的なサービスの開発へ1000万円の補助がされる制度です
・2012年以降、国の中小企業への目玉施策として続いています
・製造業やクリニックの最新設備投資や新規サービスのシステム開発費用で使われることが多い
今年はコロナの影響で予算が増加、これまでにない助成率(3/4)となっています

ものづくり補助金の補助額と率・用途例

・ものづくり補助金は、今回、通常枠に加え、コロナによる特別枠の2種類となっている
特別枠で採択されなくても通常枠で自動審査されるため、特別枠での申請がおすすめ
特別枠で申請し、落ちた場合には、加点された上で通常枠での申請となる
・上限額・率は以下表の通り

ものづくり補助金の締切・採択率

ものづくり補助金の締め切りと採択率についてです。
・次回締め切りは、特別枠は、11月26日の次回で終了。
通常枠は11月26日以降の第5回があり、来年以降も続く見通しです。

・採択率は、特別枠は53%・通常枠は63%です。ただし特別枠で申請し、自動で通常枠申請で受かった企業も多いため、平均した57%くらいが採択率のようです。(今回は特別枠に申請して落ちても一般枠で自動審査されます)
今後については、回を増すごとに採択率は下がる傾向にあるため、次回は多少5%程度下がると思われます

ものづくり補助金の要件

ものづくり補助金に申請するためには以下の要件が絶対要件となっています。
(一般枠・特別枠ともに)
・賃金引上げ計画を従業員に表明すること
・以下図の3点の申請要件を満たす計画であること

数値計画については、1年毎に実績確認をされ、未達の場合は返金義務が生じる点が今回最も注意しなくてはならない点です。

特別枠使用のための要件

ものづくり補助金の特別枠で申請するためには、補助対象経費の1/6以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資であることが必須となります。
例えば、1000万円の設備投資の場合はその1/6の170万円程度を投資する必要があります。
※一般枠では当要件はありません

ものづくり補助金の使える経費

使える経費は、大きく、最新設備投資と革新的サービス開発の2パターンに分かれます。
①最新設備投資:製造業であれば、機械装置で加工機、歯科医であればセレックなど、設備投資を主題とするケース
②革新的サービス開発:建築業が工程管理アプリ制作などサービスのシステム開発などシステムを主題とするケース
上記の費用が以下表のうちの①のメイン費用となり、その他付属で専門家費用やデザイン費用などの費用を計上します。

ものづくり補助金のスケジュール

ものづくり補助金のおおよそのスケジュールは以下のフローとなります。

・11月26日までが公募期間でありそれまでに計画を作成し申請を行う
・申請は電子申請であり、Gbizの取得が必須となる(2週間程度かかる)
 動画はこちら:https://youtu.be/HbPRuahun2o
・審査は11月26日から1~2か月程度
・申請から採択結果公表までまで一切の連絡はなく、審査後に採択結果が事務局サイトで公表をされる
・採択が公表され、並行して採択通知が事業者に届く
・その後交付申請と言って、具体的に経費が対象になるか、どれを申請するか、を確定させる
・その後補助対象期間がスタートする
・補助金の振り込みは補助対象期間をいつにするかによるが、3月までだとすると、その2か月後程度である

ものづくり補助金の事例

〇歯科・歯科技工所
・院内で補綴物を作製するためマイクロスコープ導入
・口腔内スキャナー等機器類導入による詰め物・被せ物内製化
・デジタル歯科技工を活用して地域ニーズに応える独自構造入れ歯のフレーム生産体制の整備
・世界最先端の歯科用顕微鏡、滅菌機器を導入し高精度かつ低コストな根管治療を実現する
・次世代3Dモデル作成技術による難抜歯症例の即日治療拠 点の確立
〇製造業
・高性能プラズマ切断機導入によるQCD及び生産性の向上
・包装加工・梱包ライン強化による高付加価値製品の製造並びに生産性向上事業
・世界初パイプ・継手の亜鉛除去・開先加工完全自動化による配管製作の生産性の向上
・3Dレーザー加工機の導入による1次加工のQCD向上と事業の高付加価値化
・放電加工機導入による仕上げ加工自動化で生産性向上
・最新5軸加工機導入でサプライチェーンの強化による取引先拡大と売上拡大
〇サービスなどの経営革新型
・道路インフラ点検のための画像解析クラウドサービスの開発
・プログラミング不要の顔認証決済プラットフォームの試作開発
・視覚障がい者とガイドヘルパーをマッチングするアプリの開発
・経営者と従業員の合意型M&Aによるマッチングサービスの展開
・美容技術フリーランサー向けサロンスペースマッチングサイトの構築
出所:http://portal.monodukuri-hojo.jp/common/bunsho/ippan/2nd/saitaku2ji.pdf

ものづくり補助金に採択されやすい企業

①政策に合致している

政策とは、国の生産性向上を大テーマに、
・賃金アップ
・生産・サービスの自動化・効率化・IT化の促進
などの当制度のコンセプトのほか、以下のような加点要件をクリアする事です。
・小規模事業者
・創業したばかりの企業
・経営革新計画の認定企業
・中小企業会計の適用
・事業継続計画の認定企業

②実現性

実現性とは、財務基盤・技術基盤がしっかりしていて、事業実施が必ず行えるとです。
いわゆる「人・もの・金・ノウハウ」です。

特に財務基盤については、理想としては業績が良く、内部留保が多い企業が通りやすいように思います。また、多少の赤字でも内部留保がある場合や、内部留保が少なくても黒字である企業の場合は問題ないです。
重要な事は、国の補助金を使って進め、すぐに倒産してしまうようなリスクが無いか、であり、企業の大小と言うよりは、企業規模に応じた稼ぐ力があるか、が重要のように思います。
「債務超過」の企業の場合でもテーマにそっていれば合格する事ができるようですが、難易度は高くなると考えたほうがよいでしょう。

技術基盤については、その言葉の通り技術力や実績(取引実績・表彰など)です。
特に当初から製造業向けにスタートした補助金のため、製造技術を持っている企業が採択されやすい傾向にあります。

③2つの革新性

2つの革新性とは、ひとつの意味が「会社内での新たな取り組みであること」、もうひとつの意味が、「国内でも革新的な事例であること」です。
どんなにすごい事をしていても既に社内で行っている場合は、新たな取り組みではないので対象とならず、これからの取り組みが対象となります。
また、国内でも革新的な事例と言う意味では、最近ではそこまで重視されていませんが、あればなお通りやすいと言えるでしょう。

これらの 3 つ「政策合致度」「実現性」「革新性」が揃えばほぼ採択されます。

ものづくり補助金の公募要領

http://portal.monodukuri-hojo.jp/jireikensaku.html

ものづくり補助金の費用

以下いずれかをお選びいただきます

A 完全成功報酬プラン採択金額の15%(上限あり)
B 着手金有プラン着手金10万円
採択金額の10%

補助金には注意点が多いため、まずはお気軽にご相談ください

対象エリア:北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

無料相談補助金・資金調達ガイドでは
事業者の方の経営継続を支援しております。

050-3567-2933
今すぐ無料相談

補助金・資金調達ガイドのメルマガを
購読しませんか?

無料メルマガ会員限定の補助金速報配信!会員数急増中!

メルマガ登録はコチラ